大和屋本店 (愛媛 道後温泉)

大和屋本店.jpgその昔、聖徳太子もご来光された日本最古の温泉・道後。

その地に明治元年に創業した大和屋の心を受け継いで平成八年夏、大和屋本店として新たに開業いたしました。

日本の美と心を極めた旅館のもてなしにホテルのサービスを添えてお出迎え、懐かしくも美しく、新しい日本がここにあります。


大和屋本店 のお料理・お部屋情報はこちら>


大和屋本店 のお風呂・アクセス情報はこちら>


大和屋本店 の宿泊プランを見てみる>

琴平グランドホテル 桜の抄 (香川 こんぴら温泉)

桜の抄.jpgはるか昔から「こんぴらさん」と親しまれる金毘羅宮を望む象頭山のふもとに、琴平グランドホテル桜の抄はたたずんでいます。

春は桜、夏は深緑、秋は紅葉と窓の外に広がる情景を眺め、色とりどりのしつらいに心なごむ。

そこかしこ、花のよそおいを愛でながら、天然温泉のぬくもり、そして旬の味覚をご満喫いただけますよう、さまざまな旅のひとときをきめ細やかにお手伝いいたします。



琴平グランドホテル 桜の抄 のお料理・お部屋情報はこちら>


琴平グランドホテル 桜の抄 のお風呂・アクセス情報はこちら>


琴平グランドホテル 桜の抄 の宿泊プランを見てみる>

道後温泉 ふなや (愛媛 道後温泉)

ふなや.jpgおよそ三千年の歴史をもつ日本最古の温泉、道後温泉。「熟田津の石湯」「伊予の湯桁」など歌にも詠まれ、天下の名湯とたたえられてきた温泉です。
鮒屋旅館(現在の「ふなや」)はここに江戸時代寛永年間開業しました。
以後三百六十余年、幾多の人々の旅の宿として愛され続けています。遠く「日本書紀」や「万葉集」にも登場する道後ですが、その名を決定的に有名にしたのは夏目漱石の「坊っちゃん」といえるでしょう。『はじめての鮒屋泊りをしぐれけり』この句は明治二十六年、漱石が教師として松山に赴任してきた年の秋に宿泊した際の作です。鮒屋旅館はその漱石をはじめ、正岡子規、高浜虚子ら、松山ゆかりの文人たちにも親しまれてきた宿です。

渓流が流れる約1,500坪の広大な庭園が楽しめる「ふなや」。伝統の風趣と、清新な息吹との調和をすみずみまで大切に仕上げました。思い出深い旅のひとときをぜひご堪能下さい。

道後温泉 ふなや のお料理・お部屋情報はこちら>


道後温泉 ふなや のお風呂・アクセス情報はこちら>


道後温泉 ふなや の宿泊プランを見てみる>

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。